日本の秘水と言われている川

日本の秘水10選

日本の秘水と言われている川

日本で名水と言われている川には「長良川」や「木曽川」、「四万十川」などがあり、素晴らしい景観と美しい水の流れを楽しむ事ができます。
では、知る人ぞ知る秘水の川とはどこにあるのでしょうか。

群馬県にある「神流川」は、ふるさとを思わせる懐かしい雰囲気が漂う川です。
流域には神流川水辺公園があり、休日には多くの家族連れで賑わいを見せます。
鮎釣りができる事もあり、釣りを趣味としている人達にも人気のスポットです。
綺麗な水のせせらぎと、のどかな自然の風景がマッチしている憩いの空間が広がっている川です。

富山の「いたち川」には歴史を思わせる雰囲気が漂っています。
映画にもなった宮本輝さんの「蛍川」では舞台にもなっている川です。
春には桜が咲き誇り、いたち川とのシチュエーションが素晴らしいと多くの人が集まり、流域には横穴式の古墳群がある事でも知られています。
自然溢れる川べりは、市民の散策スポットとしても親しまれているところです。

静岡県の「源兵衛川」は初夏には蛍を見る事ができ、それだけでも水が綺麗だという事が伺えます。
休日には多くの子供連れのファミリーが川遊びをして過ごす光景を見かける事ができる、市民の憩いの場にもなっています。
ここは1.5キロほどの長さの川なので、散策コースとしても人気があり、四季折々の花を楽しむ事ができます。
富士山から湧き出る水のせせらぎは、静岡の数ある名水の中でも秘水と言える趣があります。

下流の一部が世界遺産に登録されている「熊野川」は、奈良県・三重県・和歌山県を流れる一級河川です。
古来より神々の集う神聖な川と崇められていただけの事はあり、神秘的な雰囲気の漂うところです。
京都や大阪からの参詣道にもなっており、上皇や貴族など様々な人々が小型の船で行き来して利用されたと伝えられており、重要なルートだったことがうかがい知れます。

他にも日本には大事にされている秘水の川が日本中に点在しています。
どこの川も美しい水の流れと自然との調和を維持するために、地域の方たちがしっかり保護されています。